テレビゲームは遊びから本格的なスポーツ競技なった

このスポーツが浸透をしているのが「eスポーツ」で正式な名称は「エレクトロニックスポーツ」と言いまでネットスポーツで競技をするという種目になるがここ数年で世界から注目をしていまして日本でも最近は選手やチームもあるので徐々に浸透はしていると言うが今まではバラバラの状態でプロになるのも企業の支援も必要だったが最近はプロも認められるようになって日本にも設立した。

昔はテレビゲームだとよく親に叱られていたと言うが最近はこうした競技にもなった事で浸透はしているが人気ソフトがこの様な種目になっていてるのでそれをしている人も多いらしい。

日本でもこの様なプロの大会も行われていますが日本プロ野球機構でも人気ゲームソフトを利用してeスポーツを始めようとしているが現在は実際の試合でしている公式戦を利用してリーグ戦を行うと言うが今は出場者を決める予選会が行われていまして東西でを突破したした人がドラフト会議でチームを振り分ける事になっているがこれは大会も実際に行っているので本格的なリーグ戦となる。

出場者は素人からプロのゲーマー幅広いが中には芸人さんもいる事でこうした機会があると面白いと感じられるかもしれないと言うがこうしたプロではなく今では世界大会など行われている。

賞金も出るのでマジで行った人もいるので浸透はしていたと思う所まできた。

先日まで行われていたアジア大会でも今回は公開競技して行われたが使用したゲームが日本でもお馴染みとなった「ウイニングイレブン」を利用して行われて日本代表が金メダルを獲得したと言うが既にアジアまでこの様なスポーツが浸透をしていまして日本は国体でもこの種目に入れたがここもこうか公開競技となりますがこの種目は次のアジア大会では正式種目となる事でこれがオリンピック競技になるのは時間の問題だと思っているかも知れないというがそこまで来ていると感じられる。

遊びではなく選手で国際大会まで出場まで出来るとは常識では考えられないと思うのです。