女性がこの男性だと決めて結婚を決めるとき

結婚適齢期の私の周りでは結婚する友人が多くいます。そんな中なぜこの人と結婚したのかについて話しあったときにある共通点を見つけました。
それは、”彼のことを可愛いと思えるか”ということです。
バブル時期では3高と言われ高身長、高年収、高学歴とも言われましたが、私たちはバブルが崩壊した頃に生まれ、リーマンショックを経験した世代です。
経済への華やかな夢を抱くイメージが薄い私たちが相手に求めること、それは何があってもどんなことが起こっても彼の笑った笑顔があれば頑張れるかどうか。
そんな答えに至りました。
経済面だけなく、いつ震災があるかわからない時代です。数字で測れることばかりで相手を選んでも、永遠に続く保証なんんてありません。
家がなくなっても、病気と闘うことになっても彼とならば前に進めると思える人と結婚した周りの友人は、皆とても幸せそうです。少々の喧嘩でも彼がくしゃっと笑えば許せてしまうという意見も多くありました。そんな現実的なアラサー世代の結婚を決めた理由でした。