私の自慢の旦那さんの夢と武勇伝、そして息子へ

私の旦那さんは9つ年上です。
野球が大好きで、子供のころから野球しかしていないような人です。
青春時代はすべて野球。
そのおかげか、才能があったのかわかりませんが高校は特待生で入り、1年生の春には甲子園に行きました。
1年生で甲子園に行けるというのは、大変名誉なことだそうです。
家族全員の誇りです。
そして彼はプロを目指しますます野球に打ち込みます。
そして、高校卒業後は社会人野球で声がかかり大手企業のチームで野球をしていましたが
結局、夢が叶うことはなく、引退となりました。
そして私と出会い、結婚しました。
彼は、たびたび野球のこと甲子園のことを話してくれます。
でも、私はスポーツにうとく、ルールもわかりません。
ですが、彼はうれしそうに話すので、ついついわかったように、聞いてしまいます。
きっと、私が理解せずに聞いていることを、彼も気づいているのでしょうか。
でも一生懸命に一つの事に打ち込んできた彼を尊敬できるし
できれば、息子にもパパと同じようになってほしいと思います。銀座カラー 脱毛予約